メンズ脱毛で「陰部・アンダーヘア」コンプレックスを解消する方法

メンズ脱毛で「陰部・アンダーヘア」コンプレックスを解消する方法

あまり、人と見比べたことはないかもしれませんが、陰部の毛やアンダーヘアが濃くてコンプレックスに感じている男性は多いです。見比べる機会が少ないだけに、余計に「自分の毛は変に濃いのではないか」「みんな綺麗にケアしているのではないか」といろいろ想像してしまい、コンプレックスが強くなってしまう傾向があります。

実際、エステやクリニックで陰部やアンダーヘアの脱毛を受ける方は非常に多いです。しかし、施術を受ける時にはエステティシャンや医師、看護師に陰部を見せなくてはいけないので、恥ずかしくてなかなかハードルが高いのも事実です。

エステやクリニックの施術には抵抗があるという方は、市販されている脱毛グッズを使って自宅でケアするセルフ脱毛をしている方もいらっしゃいます。
この記事では、陰部の毛やアンダーヘアにコンプレックスを感じている男性のために、そのコンプレックスを解消できる脱毛の方法を詳しくご紹介していきます。

エステやクリニックで受けるメンズ脱毛の他、セルフ脱毛についてもご紹介していきますので、どうしてもメンズ脱毛は恥ずかしいという方は、そちらもチェックしてみてください。

メンズ脱毛はどれを選ぶ?陰部・アンダーヘアの脱毛効果と費用一覧

脱毛の種類効果の持続期間費用
セルフ脱毛・脱毛(除毛)クリーム・ブラジリアンワックス・脱毛器3~7日3週間~1か月ケアを止めてから3か月程度まで数百円~8千円/個5千円程度/個5~7万円
メンズエステの脱毛施術を止めて2~5年5~16万円程度(残す毛量によって異なる)
メンズ脱毛専門クリニック半永久的2~18万円程度(残す毛量によって異なる)

セルフ脱毛の費用対効果

剃刀や毛抜きで処理を陰部やアンダーヘアの毛を処理しているという方もいらっしゃいますが、ここではより手軽で簡単にケアができる3つの方法をご紹介します。

ここでご紹介する脱毛(除毛)クリーム、ブラジリアンワックス、家庭用脱毛器はドラッグストアや大きめの量販店や家電ショップ、あるいはインターネットなどで簡単に購入できます。

1つずつの値段もそれほど高くありませんので、メンズ脱毛をするにはまだ勇気が出ないという方はこれらのセルフ脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。ここでは、セルフ脱毛の特徴や方法、費用対効果についてまとめています。

脱毛(除毛)クリーム

脱毛クリームは、ここでご紹介する方法のうち、もっとも手軽で手が出しやすい方法と言えます。かなりたくさんの商品が販売されており、それぞれ値段は違います。ドラッグストアでは特に、数百円程度の非常に手頃な商品も売られていますので、まずは試してみたいという方にはおすすめです。高いものでも1万円超えないくらいで購入できるものがほとんどです。

処理の仕方も非常に簡単です。脱毛したい箇所に脱毛クリームを塗り、5~10分程度放置した後、ティッシュなどで拭き取りぬるま湯で洗い流せばOKです。クリームは毛が隠れるくらいたっぷりめに塗るのがコツです。塗りムラがあると綺麗に根元から処理できないので丁寧に塗るようにしましょう。

放置時間は商品によって若干異なります。説明書をよく読んで、記載の時間以上放置することのないようにしましょう。
脱毛クリームは、たんぱく質など毛を溶かす成分が含まれていて、塗って放置することで毛を溶かし、除去する方法です。肌にも少なからず影響を与えてしまうので、長い時間放置しすぎると肌が荒れたり、ヒリヒリと赤くなったりする恐れもあります。

高価なものは除毛力も高く、また肌への影響も少ないように肌に優しい成分が使われていたり、保湿力の高い成分が配合されています。陰部は体の中でも特に皮膚が柔らかく、デリケートな部分ですので、できれば数百円のものよりも多少高価なものを使うことをおすすめします。

また、商品によっては陰部やアンダーヘアには使用できないものもありますので、購入前に説明書きをよく読んで確認しましょう。
脱毛クリームは皮膚の表面から伸びている毛を溶かします。皮膚の下にある伸び始めの毛は処理できませんので、処理したその日は綺麗になりますが、早い方では次の日から毛が気になるという場合もあります。

処理の頻度の目安は3~7日程度です。個人差はありますが、だいたい1週間に1回処理をしているという方が多いです。陰部のみのケアであれば、5~6回程で1つ使い切るくらいになりますので、1か月~1か月半に1つ新しいものを購入するくらいのペースになるでしょう。デリケートな部分に使用するため高価なものを選ぶとすると、やや費用対効果は低めです。

ワックス

ブラジリアンワックスは、女性も含めて陰部やアンダーヘアの処理によく使われています。基本的に自然由来の成分で作られているため、陰部などデリケートな部分にも使用できるものがほとんどです。肌に優しく栄養成分も多いハチミツが使われているものが多く、「ハニーワックス」や「シュガーワックス」などとも呼ばれています。

ブラジリアンワックスは粘性が高く、温めると柔らかく、冷やすと硬くなる性質があります。柔らかくしたワックスを脱毛したい部分に塗り、専用のシートを貼って一気に剥がし、ワックスと一緒に毛を引き抜く仕組みです。

毛根から毛を抜くことができるため、脱毛クリームよりも持続期間はやや長く、処理の頻度の目安は3週間~1か月に1回程度です。ブラジリアンワックスは量販店やインターネットで手に入り、1つ5千円前後のものが多く、こちらも比較的手が出しやすい価格となります。
脱毛クリームよりも仕上がりが綺麗になるというメリットがありますが、難点は物理的に毛を引き抜いていくために処理のときに強い痛みを感じることです。陰部やアンダーヘアの処理の場合、皮膚が非常にデリケートであるために特に痛みが強くなります。

処理の前後にきちんと冷やしたり、シートを剥がすときにしっかり皮膚を抑えることで多少は痛みが少なくなります。また、痛みを感じるのは一瞬だけですので我慢して処理をしているという方も多いです。

陰部・アンダーヘアであれば、脱毛クリームと同じく5~6回程度は処理できるでしょう。したがって半年に1個くらいのペースで新しいものを購入することになります。費用対効果は、脱毛クリームよりは良いですが、定期的な処理をずっと続けなければいけませんので安いとは言えないでしょう。

脱毛器

家庭用脱毛器は、上記2つの方法と比べて即効性はありません。そのため、補助的なケアとして利用している方が多く、これだけではセルフケアとしてはやや不十分な面があると言えます。

エステやクリニックの脱毛と同じように、脱毛したい部分に光を照射することで毛を薄くしていくという効果が期待できます。しかし、家庭で一般の方が扱うときに危険がないように、エステやクリニックのものよりも出力が低く設定されているものがほとんどです。

値段は、メーカーやモデルによってさまざまですが、概ね5~7万円程度が相場です。故障など機器に問題がない限りは、カートリッジを交換すれば使い続けることができます。効果面から考えると、費用対効果としては高いは言い切れないと言えます。

メンズエステ脱毛の費用対効果

メンズエステでの脱毛は、ご紹介してきたセルフ脱毛でかかる費用よりも施術料金は高くなります。後の項目、「メンズ脱毛クリニックなら「陰部・アンダーヘア」のコンプレックスも解消!」でも詳しくご紹介していきますが、エステ脱毛は1回の施術では完了しません。
都度払いのエステもありますがほとんどは数回の施術がセットになった回数コースで契約することになります。
重ねて施術を受けることで、毛が生えてくるスピードが遅くなり、生えてくる毛も細く薄くなっていきます。時間はかかりますが、確実な効果が得られます。

ただし、施術を止めてしばらくすると、毛根の細胞が回復して以前のように毛が生えてくるようになります。したがって、施術の頻度は落としても構いませんが、契約回数が終了した後も続けて施術を受ける必要があります。
効果面と脱毛にかかる期間、費用を考えると、費用対効果は低いとまでは言いませんが、「かなり高い、抜群だ!」とは言えないのも事実です。

脱毛専門クリニックの費用対効果

脱毛専門クリニックは、高出力のレーザーを照射し、細胞を破壊することで毛を生えなくし、脱毛する方法です。効果は半永久的に続くため、施術が完了すればその後追加で受ける必要がなくなります。

これまでご紹介してきたセルフ脱毛、エステ脱毛と比較すると、1回の施術費用は非常に高くなります。しかし、半永久的な効果があり追加料金がかかりませんので、長期的に見ると費用が安くなる場合も十分あり得ます。

エステ脱毛と同じく、1回の施術で完了することはありませんが、施術を重ねることで徐々に効果があらわれ、確実な脱毛が可能です。唯一、永久脱毛ができるというのもクリニックで脱毛する非常に大きなメリットと言えます。

ここでご紹介した中で、もっとも費用対効果が高いのがこのクリニックでの永久脱毛と言えるでしょう。

料金や必要な施術回数については、後の項目「メンズ脱毛クリニックなら「陰部・アンダーヘア」のコンプレックスも解消!」で詳しくご紹介します。

また、クリニックで脱毛するメリットやデメリットについてもふれていきますので是非チェックしていただければと思います。

手軽に脱毛したいメンズには「陰部・アンダーヘア」のセルフ脱毛がおすすめ!

脱毛をするときには、「手軽さ」は非常に重要なポイントです。また、陰部やアンダーヘアの脱毛では特に、「人に見せるのが恥ずかしい」方も多いかと思いますので、その点セルフ脱毛は気分的にも気軽に始められるというメリットがあるでしょう。

脱毛クリーム、ブラジリアンワックスは、定期的に処理を続けていかなければいけませんが、1つ1つの値段が非常に安く、ドラッグストアやインターネットで購入できるという手軽さがあります。エステやクリニックで脱毛するときには施術の予約などスケジュールの調整も必要になりますが、セルフ脱毛の場合は思い立ったときにできるのでその点でもかなり手軽に処理が可能です。

慣れるまではクリームやワックスを塗るのに時間がかかったり、ムラができて綺麗に処理できないこともあるかもしれませんが、慣れれば簡単ですので、定期的な処理が必要であってもその手軽さからセルフ脱毛を続けている方もいらっしゃいます。

今生えている毛に対して作用するために即効性があることも大きなメリットです。急な予定が入っても、その日のうちに毛を処理することができるため、そういったスケジュールに合わせて処理を行っている方も多いです。

メンズ脱毛クリニックなら「陰部・アンダーヘア」のコンプレックスも解消!

エステと脱毛クリニックの違い

「エステとクリニックってどう違うの?」と疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。ここではそんな方のために、それぞれの項目に分けてエステとクリニックの違いをご紹介していきます。

クリニックは医療機関

両者の違いでもっとも大きなものは、医療機関かそうでないかということです。施術を受ける側にとっては「そんなに大きな問題なの?」と感じるかもしれませんが、ここには大きな違いがあるのです。なぜなら、医療機関かそうでないかで、これからご紹介する違いが生まれてくるのです。

施術担当者が「医療従事者」か「勤務スタッフ」か

クリニックは医療機関ですので、施術は医師または看護師が担当します。一方エステで施術を担当するのは、エステティシャンまたはエステに勤務しているスタッフです。

医師または看護師は、医療従事者といって専門的な知識や経験が豊富です。エステでは、施術を行うために必要な資格などはありません。つまり、医療の専門的な知識がなくても施術ができてしまうということです。

もちろん、研修などを受けて衛生面・安全面には注意を払っていますが、万が一トラブルが発生した際に適切な処置ができない、あるいは対処が遅れる可能性があることは否めません。

クリニックは「高出力レーザー」、エステは「光」

医療機関でないエステは、脱毛器の出力に制限があります。法令で定められているのは低出力の光のみで、それ以上の出力のものを使うことは禁じられています。一方、クリニックは高出力のレーザーを使用することができます。

クリニックは「永久脱毛」、エステは「減毛」

脱毛器の出力の違いにより、1回の施術で得られる効果の大きさが変わります。
毛を成長させるのは、毛穴の奥深くにある毛乳頭という細胞です。

クリニックの脱毛器は、パワーがあるため毛乳頭までしっかりとレーザーが届き、破壊することができます。毛乳頭が破壊されると、毛を成長させたり作り出すことができなくなるため、その後、毛が生えてくることがなくなります。細胞は再生しませんので、効果は半永久的に続き、永久脱毛が可能です。

一方エステの脱毛器はパワーが弱く、光が毛乳頭までしっかりと届きません。そのため、細胞の破壊はできず、傷つける程度の作用しか与えられません。そのため、施術を受けている間は毛が伸びるスピードを遅くしたり、施術を重ねることで毛が細くなり、薄くすることはできます。しかし、施術を受けない期間が続くと、傷ついていた毛乳頭が回復し、また以前のように毛が生えてくるようになります。
そのため、効果は施術を受けている間の一時的なもので、実際には「脱毛」ではなく「抑毛」や「減毛」の効果となります。

クリニックは施術に終わりがあり、効果が出るまでの期間も短い

永久脱毛ができるクリニックは、施術に終わりがあります。エステは効果を持続させるためには施術を受け続けなければいけませんので、契約回数が終わっても脱毛が終わるわけではありません。

また、脱毛器のパワーの違いから、1回の施術で得られる効果の大きさに差が出ます。
同じくらいの毛の量にするためには、エステはクリニックの2~3倍ほどの回数が必要な場合もあります。
両者とも、毛の生え変わりのサイクルに合わせて、1~2か月に1回ずつの間隔で施術を行いますので、脱毛完了までにかかる期間は単純に計算するとエステの方が1.5~3倍以上の期間が必要になります。

クリニックの脱毛はエステに比べて痛みが強い

脱毛器のパワーに違いがあるため、施術中に感じる痛みの強さにも違いがあります。
エステ、クリニックともに光やレーザーを照射するときには輪ゴムをはじいたような痛みや熱を感じます。エステは脱毛器のパワーが低いためにこのときの痛みも少なく、クリニックはエステと比べると強い痛みを感じる傾向にあります。

特に、陰部やアンダーヘアの脱毛は皮膚が柔らかくデリケートであるため、感じる痛みは他の部位よりも強くなります。
しかし、医療機関であるクリニックは麻酔を使用することもできるので、痛みを軽減しながら施術を受けることも可能です。

クリニックは治療や薬が出せる

麻酔の使用と同じく、クリニックは万が一施術でトラブルが起こっても、必要に応じて医師の診断が受けられ、治療や薬の処方をしてもらうこともできます。

脱毛は炎症や火傷といったリスクもゼロではありません。対処が遅れると痕になって残ってしまう場合もあり、できるだけ迅速な処置が必要になります。

クリニックは施術を担当するのが医療従事者であるために、万が一の時も素早い対応が可能です。一方エステはイレギュラーが起こった時に対応が遅れてしまう可能性もあります。

陰部・アンダーヘアの脱毛に必要な回数と料金相場

エステ、クリニックともに脱毛の施術は1回で終わるものではなく、施術を重ねることによって徐々に効果が出てきます。ただし、ご説明してきたように、脱毛器のパワーの違いにより、必要な回数が変わり、それに伴って料金にも違いが出ます。

エステの場合、陰部・アンダーヘアの脱毛の施術の目安は、薄くしたい程度であれば6回、つるつるにしたい場合は12~18回が目安です。料金は1回で1万円程度、4回で3~3万5千円程度、8回で7万円程度が相場です。

クリニックの場合は、薄くしたい場合3~5回、つるつるでは10~15回が目安です。料金は1回で1万~1万6千円程度、3回で2~3万5千円程度、5回で4万5千~6万円程度が相場です。

メンズ脱毛クリニックの「陰部・アンダーヘア」脱毛がおすすめな理由

陰部・アンダーヘアを医療レーザー脱毛するメリット

永久脱毛が可能で施術に終わりがある

セルフ脱毛では1週間ごとや3~1か月ごとなど、かなり短いスパンで定期的な処理が必要で、さらにその処理はその後ずっと続きます。
エステも、確実に毛は薄くなっていくものの施術を止めるとまた生えてきてしまうため、施術を受け続ける必要があります。
クリニックの医療レーザー脱毛は唯一、永久脱毛が可能です。
施術が終わればクリニックに通う必要はなくなり、その後のケアも不要です。

安全性が高い

医療従事者が施術を担当するクリニックは、施術中の安全性が高いということはもちろん、万が一のトラブルがあったときにも迅速で適切な対応が受けられます。必要に応じて治療や薬の処方も受けられるため、安全性は非常に高いです。

エステは対応が遅れてしまう可能性は否めませんし、セルフ脱毛の場合は、万が一トラブルが起こってしまっても自己責任です。治療が必要になれば、自ら別の病院に行かなければならず、時間がかかってしまうデメリットがあります。

施術時に麻酔の使用が可能

陰部は、皮膚がやわらかくデリケートであるために処理中や施術中に強い痛みを感じやすい部分です。痛みを感じるのが嫌で処理を止めてしまう方もいらっしゃいます。

クリニックでの医療脱毛の場合、他の処理方法よりも強い痛みが出やすい傾向にありますが、麻酔を使用することによって痛みを軽減させることが可能です。エステやセルフ脱毛は、冷やすなどで痛みを感じにくくすることはできますが、麻酔は使用できません。

陰部・アンダーヘアを医療レーザー脱毛するデメリット

痛みが強くなりやすい

医療レーザー脱毛は出力が高いために痛みが強くなりやすいことが最大のデメリットとして挙げられます。しかし、上述の通り麻酔の使用が可能ですので、痛みが不安な方は医師に相談し、麻酔を使って痛みを軽減しながら施術を受けましょう。

1回の施術料金が高い

医療レーザー脱毛は、得られる効果が大きく安全性が高い反面、1回ずつの施術料金が高くなってしまう傾向にあります。この費用の高さが、人によっては大きなデメリットに感じ、医療レーザー脱毛を敬遠する理由となってしまっているかもしれません。

しかし、施術が完了した後は追加の料金がかかりませんので、長い目で見るとセルフ脱毛やエステよりも費用を抑えられる場合もあります。

気が変わっても生やすことができない

医療レーザー脱毛は永久脱毛ができるというメリットがある反面、施術後に気が変わって毛を生やしたくなっても生やすことができないというデメリットもあります。

施術回数を調整することで毛を残す量が調整できますので、医療レーザー脱毛を受ける前にはどのくらいの毛の量にしたいのか、あらかじめはっきりさせて施術に臨むようにしましょう。

メンズ脱毛で恥ずかしい「陰部・アンダーヘア」を除去する方法まとめ

陰部の毛やアンダーヘアのコンプレックスを解消する方法として、メンズ脱毛・セルフ脱毛についてご紹介しました。

1つ1つの値段が安く、手軽に始められるのがメリットのセルフ脱毛は、施術とは言え陰部を人に見せるのは抵抗があるという方には非常におすすめです。しかし、1週間や1か月など比較的短いスパンで定期的な処理が必要で、万が一肌トラブルが起こった時も別の病院を探したりなど対処も自ら行わなければいけません。

エステは確実に毛を薄くすることはできますが、効果は施術を受けている間のみで、効果を持続するには通い続けなければいけません。1回の施術費用はクリニックよりも安いですが、長い目で見たときにかえって費用が高くなることもあります。また、1回ずつの効果が少ないので、回数や期間が長くなる傾向があります。

クリニックでは、1回ずつの料金は高く感じますが、効果が大きく永久脱毛が可能ですので、施術後に追加で料金が発生することはありません。安全面でも非常に充実しているため、デリケートな部分の施術は大変おすすめです。

しかし、施術中の痛みが強く出やすいため、麻酔の使用などを検討しながら施術をすすめましょう。
このように、脱毛の方法はそれぞれ良い面、悪い面があります。これらをしっかりと理解してご自身に合った脱毛方法を選んで、陰部・アンダーヘアのコンプレックスを解消しましょう。