メンズ脱毛で玉袋(陰嚢)の脱毛はできる?コンプレックス解消法まとめ

メンズ脱毛で玉袋(陰嚢)の脱毛はできる?コンプレックス解消法まとめ

普段人に見せることはほとんどありませんが、トイレに入った時、温泉や銭湯に行った時などにちょっと気になる玉袋の毛。わざわざ人と見比べる機会はないだろうと思いますが、それだけに、「自分の玉袋の毛は濃いんじゃないだろうか」と不安になる方もいらっしゃるでしょう。
普段はそれほど不便に感じていなかった方でも、玉袋の毛を脱毛したら思いの外快適に過ごせるようになったと感じる方も多いです。
何より、玉袋に毛が生えていると、女性からの印象が下がってしまいます。誰にでも見せる部分じゃないからこそ、大切なパートナーのために、脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。
とはいえ、言うまでもなく非常にデリケートな部分です。内臓の中で唯一、骨に保護されていない上に、生殖をつかさどる重要な器官である玉袋は、脱毛をしても問題ないのでしょうか。
この記事では、玉袋の毛にコンプレックスを感じているけど、脱毛するのには少し不安だという方のために、メンズ脱毛の効果について詳しくご紹介します。

メンズ脱毛は玉袋(陰嚢)も可能?

結論から申し上げますと、玉袋の毛は脱毛しても問題ありません。メリット・デメリットの項目で詳しくお伝えしますが、脱毛をすることによって生殖機能が奪われてしまう等のリスクはありません。

ただし、ご存知の通り体の中でも非常にデリケートな部位です。皮膚も薄く敏感ですので、脱毛する場合はエステやクリニックといったメンズ脱毛で行いましょう。

剃刀や毛抜きを使って毛を処理している方もいらっしゃいますが、表面がでこぼこしている上に柔らかいため、自分で処理するのはかなり難しく危険です。自分で処理をした方の中には、誤って怪我をしてしまい、その痕が長年消えずに残ってしまっている方もいらっしゃいます。また、お手入れ前後のケアも丁寧に行わなければいけませんので、手間や安全面を考えても、自分で処理するのは避けましょう。

メンズエステの脱毛の場合

メンズエステの脱毛は、クリニックと比べて施術中の痛みが弱いです。特に痛みを感じやすい部位ですので、エステで脱毛を受ける方も多いです。しかし、他の部位と同じく、エステでは永久脱毛ができません。施術を受け続けなければ、毛が生えてきてしまいます。

玉袋はデリケートな部分であるため、他の部位と比べてやや高額に設定されている場合が多いです。VIO等、デリケートゾーンの施術を受け付けていないエステもありますので、施術可能かあらかじめ問い合わせるようにしましょう。

ホームページ等にVIOに関して記載のないエステは、施術件数が少ない可能性があります。万が一のトラブルが起こることも考えられますので、できる限り、もともとのメニューにVIOの記載があるエステを選びましょう。

メンズ専門脱毛クリニックの場合

メンズ専門脱毛クリニックでは、ほとんどが玉袋の脱毛に対応可能です。しかし、中には対応していないクリニックもありますので、不安な場合はあらかじめ問い合わせておきましょう。

しかし、同じく、ホームページに記載がない場合は件数が少ないことが考えられます。きちんと明記されているクリニックを選ぶのが安心です。

エステと比較して、クリニックの玉袋脱毛は効果が大きい分、痛みの心配があります。クリニックで脱毛を受ける方の多くは、麻酔を利用することで痛みを軽減し、施術を受けています。

メンズ脱毛で玉袋(陰毛)を脱毛するメリット・デメリット

3つのメリット

衛生的でニオイの防止にも

玉袋や股間の周辺は、用を足す都合どうしても不衛生になりがちです。さらに蒸れやすい部分でもあるため、嫌なニオイが発生することも多いです。

玉袋の脱毛をすると、用を足した汚れや汗が毛に絡まることはなく、衛生的で、かつ、嫌なニオイの発生も防げます。

蒸れが気にならなくなりかゆみが出にくい

季節を問わず、股間の周辺は非常に蒸れやすいです。毛が多いとさらに蒸れやすくなり、不快で気持ち悪いと思いながら過ごしている方は多いかと思います。

玉袋に限らず、体毛は年齢を重ねると抜けにくくなり、量が増えていきます。以前は股間の蒸れを感じなかった方でも、年月が経つと気になり始めることもあります。

また、股間が蒸れることに伴って、かゆみが出ることも多いです。周りに人がいると、気軽に掻くことができない部分ですから、蒸れやかゆみが出ると非常にストレスも溜まってしまうでしょう。

玉袋の脱毛をすると、股間の蒸れが改善し、気にならなくなります。それに伴い、かゆみが出ることも少なくなるので、ストレスを感じず快適に過ごすことができます。

毛が皮に挟まらない

この記事を読んでいらっしゃる方の多くは、玉袋の毛が皮に巻き込まれたり挟まったりして痛い思いをした経験があるのではないでしょうか。

一人でいるときであれば、ササっとトイレに行く等して直せばいいのですが、誰かと一緒にいるときにはそういうわけにもいきません。

玉袋の脱毛をすれば、「毛が皮に挟まったのにすぐに直せず、痛い思いをしたまましばらく我慢しなくてはならない」という苦い経験をすることはなくなります。

3つのデメリット

費用がかかる

メンズ脱毛をするには費用が必要です。さらに、玉袋は非常にデリケートな部分であるため、他の部位と比べてやや高く料金設定をしているエステやクリニックもあります。

かといって、自宅で自分でお手入れをするのは危険もあり手間がかかります。脱毛をすることで得られるメリットは多いため、必要経費と考えるのが良いでしょう。

施術の痛み

メンズ脱毛の施術は、脱毛器で光やレーザーを照射して毛根の細胞を傷つける、あるいは破壊して効果を得る施術です。光やレーザーは、毛の黒い部分のみに反応する仕組みですが、照射の時には痛みや熱を感じます。

玉袋は、それほど毛が濃い部分ではありませんが、人によってはかなり毛量の多い方もいらっしゃいます。加えて、非常にデリケートな部分ですので、照射の時の痛みは他の部位と比べると強くなる場合があります。

クリニックで施術を受ける場合、麻酔を使うことができます。ほとんどの方は麻酔を利用し痛みを軽減して施術を受けています。麻酔はクリニックでしか使うことができませんので、玉袋の脱毛をする際は、クリニックで受けることをおすすめします。

施術の時に玉袋を見せなくてはいけない

玉袋の脱毛をするのですから、スタッフに見せなくてはいけないのは当たり前のことですが、普段他人に見せることはほとんどありませんので、恥ずかしいと感じる方も多いでしょう。

しかし、メンズ専門のエステやクリニックでは、玉袋をはじめデリケートゾーンの施術を受ける方が多くいらっしゃいます。スタッフは慣れているので、それほど気に負うことはありません。安心してリラックスして施術に臨みましょう。

「メンズエステvs脱毛クリニック」玉袋(陰嚢)の脱毛ならどっちがおすすめ?

メンズエステと脱毛クリニックの比較一覧

メンズ脱毛の種類脱毛方法脱毛効果通院期間費用スタッフ
メンズエステ光脱毛(低出力)一時的10か月~1年半以上コース後も通院する必要あり1回ずつの料金は安い施術を継続する必要ありエステティシャン資格は不要
メンズ脱毛専門クリニックレーザー脱毛(高出力)永久脱毛8か月~1年コース後通院の必要なし1回ずつの料金は高いトータルでは安い医師や看護師等医療従事者

脱毛方法の違い

施術の仕方はどちらもほとんど同じですが、エステとクリニックでは脱毛器のパワーが違います。
エステは法令で決められた出力の光のみ照射可能であるのに対して、クリニックは高出力のレーザーが照射できます。

クリニックの方がパワーが強いため、毛根の奥にある発毛器官まで照射でき、永久脱毛が可能です。一方エステは毛根の発毛器官まで光が届かず、効果は一時的です。

脱毛効果の違い

上述の通り、クリニックでは永久脱毛が可能ですが、エステではできません。施術を受けている間は、毛が伸びるのを遅く、細くする効果がありますが、施術を止めると元通り毛が生えてきます。

したがって、エステでは効果を維持するのに通い続けなければいけないのに対して、クリニックでは、契約の回数が終われば通院の必要はありません。

通院期間(効果が出るまでの期間)の違い

パワーが強く1回の施術の効果が大きいクリニックは、必然的にエステよりも必要な回数が少なくなります。

エステでは、効果が出るのに6~7回、つるつるにするには15回以上の施術が必要なのに対して、クリニックは5回程度で薄い状態、10~15回受けるとつるつるの状態になります。

費用の違い

脱毛器の出力、効果の違いによって、費用はクリニックのほうが高くなります。一方エステは、比較するとコースの費用は安いですが、回数が終わっても通う必要があり、追加の費用が掛かります。

したがって、最終的にはクリニックのほうが費用が安くなる場合もあります。

施術スタッフの違い

クリニックは医療機関ですので施術を行うのは医師や看護師といった医療従事者です。一方エステは、エステティシャンが担当します。特別な資格が必要なわけではありませんので、イレギュラーなトラブルがあった場合など対応できない可能性もあります。

また、エステであってもクリニックであっても、女性スタッフが施術を担当することがあります。女性のエステティシャンや医師がいるところでは、施術の時に男性がいいか女性がいいか希望を聞いてもらえる場合もあります。

「女性に玉袋を見せるのは絶対に嫌だ」という方もいらっしゃるでしょうし、逆に、「男性に触られるのはなんとなく気持ちが悪い」と感じる方もいらっしゃるでしょう。希望がある場合は事前に伝えておきましょう。ただし、予約状況によっては希望に沿えない場合もあります。

レーザーの痛みが不安な場合はメンズエステの玉袋(陰嚢)脱毛がおすすめ

エステを選ぶ利点は、何といっても、施術の時の痛みが少ないことです。
玉袋は非常にデリケートな部分ですので、照射の時にはどうしても強い痛みが出てしまいます。

エステの脱毛器はクリニックと比較して出力が低いため、痛みは少ないです。通院の回数を増やしてもいいから少しでも痛みの少ない脱毛を受けたい場合はエステでの脱毛がおすすめです。

しかし、まったく痛みがないというわけではありませんので、ある程度我慢は必要です。
クリニックでも、麻酔を利用することで痛みを軽減することができます。痛みが苦手で抑えたい方は、こちらも検討してみると良いでしょう。

ずっと通い続けたくない場合はクリニックでの玉袋(陰嚢)脱毛がおすすめ

クリニックでは、永久脱毛が可能です。
契約した回数施術を受け、毛の量に満足すればその後通院する必要はありません。

エステはコースが終わっても、効果を持続させるためには定期的に施術を受けなくてはいけません。一方クリニックは、高出力のレーザーで毛根の細胞を破壊するので、定期的なケアはいりません。

ずっと通院するのは嫌だという方は、クリニックがおすすめです。

メンズ脱毛で玉袋(陰嚢)の脱毛をする方法まとめ

玉袋の毛が濃いために不快感やストレスを感じている方は多いです。また、温泉や銭湯に行った時、愛するパートナーと過ごす時に、玉袋の毛が濃いことがコンプレックスになって純粋に楽しめない等、悩みを抱えている方もいるでしょう。
玉袋は男性にとって非常に重要な器官なので不安を感じるかもしれませんが、脱毛によって機能が損なわれることはありませんので安心してください。

むしろ、蒸れやかゆみの不快感から解放され、衛生的でニオイの予防になる等、メリットは非常に多いです。脱毛費用や痛みの強さ、スタッフに見せるときの恥ずかしさが難点ですが、それを超える多くのメリットが玉袋脱毛にはあります。
玉袋の脱毛は自分でするのは難しく、安全面から考えてもおすすめできません。必ず、エステ、クリニックを利用し、安全に脱毛を行ってください。

おすすめはクリニックでの脱毛です。医師等の専門家が施術を行うという安心感、エステより回数や期間が少ない等、クリニックでの脱毛の利点が多いため、麻酔を使ったクリニックでの施術も是非検討してみてください。