メンズ脱毛ならコレ!「耳毛」を処理する4つの方法

メンズ脱毛ならコレ!「耳毛」を処理する4つの方法

女性が男性にもっとも求めているのは清潔感です。髪型や洋服はもちろん、男性の体毛も、清潔感があるかどうかのチェックポイントに入っています。
体毛が濃いと、洋服や髪型をきっちりキメても「不潔そう」というイメージがついてしまいます。近年では男性も自宅やエステ、クリニックで体毛のケアをしています。
しかし、ケアを頑張っていても見落としてしまいやすい部位があります。それは、ずばり「耳毛」です。
耳たぶや耳の中は、自分の目では見えないので普段意識せずに過ごしている方は多いです。それと同時に、通勤電車や町中で耳毛の濃い人を発見してぎょっとし、自分の耳毛に不安になる方も実は多いのです。
ですが、耳毛を処理しようと思っても、自分一人ではなかなか難しく、また、人に頼むとしてもどこで処理してもらえるのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、この記事では「耳毛」を処理する方法を4つご紹介します。

メンズ脱毛ならコレ!「耳毛」を処理する4つの方法

耳毛カッター・耳毛抜きの耳毛脱毛

もっとも手軽にケアできるのが耳毛カッターや耳毛抜きです。ドラッグストアや量販店、ネットショッピングで簡単に手に入り、自分に合うものを見つければ、面倒な耳毛の処理も楽々ケアできます。

・効果(回数)と費用

耳毛カッターや耳毛抜きでは、今生えている毛を切ったり抜いて処理するため、即効性の面では優れています。ただし、持続的な効果はなく、定期的に処理が必要です。
カッターは700円から高くても5000円程、耳毛抜きは数百円~2、3000円程が目安です。

・メリット

耳毛カッターや耳毛抜きはそれほど大きくないので持ち運びも便利で、気になった時に手軽にケアできるのがメリットです。
カッターは耳の形に合わせて作られており、見えづらい耳でも比較的簡単に処理できます。また、丸洗いできるものも多く、衛生面も良いです。
耳毛抜きは、先が丸くなり、耳の中を傷つけない構造になっています。1本ずつ処理していくことになるため、気になる部分を丁寧に処理できます。

・デメリット

耳毛カッター、耳毛抜きともに、扱いやすい工夫は施されていますが、直接目で見ることができませんので、処理に慣れるまでは時間がかかるのが難点です。
また、見えないために剃り残しや抜き残しがあったり、奥まで入れすぎると鼓膜や耳の中を傷つけてしまう可能性があります。耳の中が傷つくと、炎症を起こして腫れたり、膿んでしまうこともあります。

脱毛クリーム・ワックスの耳毛脱毛

脱毛クリームやブラジリアンワックスを使った方法もありますが、これらは耳毛の脱毛にはやや不向きです。

・効果(回数)と費用

カッターや耳毛抜きと同様に、今生えている毛を除去、あるいは抜く方法ですので即効性があります。ドラッグストアや量販店で手軽に購入でき、値段も1つ数百円~1万円までです。持続的な効果はなく、定期的に処理が必要です。

・メリット

メリットは即効性があること、一つ一つの値段が手頃で始めやすいことです。うまく塗れれば、仕上がりも綺麗になります。しかし、次でもお伝えしますが、耳毛の脱毛には適していません。

・デメリット

耳たぶや耳の中は自分で直接見ることができませんので、クリームやワックスを塗るのは非常に難易度が高いです。
耳の構造上、クリームやワックスが奥に入りすぎると簡単に除去できません。危険ですので、クリームやワックスでの耳毛の処理は控えたほうが良いでしょう。
ワックスを使う場合、塗った後にシートを貼りつけて脱毛しますが、耳たぶや耳の中は狭いので、うまく貼り付けられない可能性が高いです。
また、耳たぶや耳の中はデリケートなため、毛を溶かすクリームや毛を引き抜くワックスを使うと、炎症を起こしたりかぶれる危険性があります。

メンズエステの耳毛脱毛

メンズエステの脱毛では、クリニックで使うものよりも出力の低い脱毛器を使って、毛を細くし成長を遅らせることができます。
しかし、エステや脱毛サロンでは、耳毛の脱毛を行っていないところがほとんどです。問い合わせる等すれば対応できる場合もありますが、ホームページ上にも耳毛の記載があるエステはほぼゼロに等しいです。

・効果(回数)と費用

メンズエステでの脱毛は、1回の施術だけでは効果が望めず、続けて何回か施術を受けることで効果が実感できます。通常、8~12回ほどで効果が出始め、完全に脱毛するには20回以上受けなければいけない場合もあります。

しかし、耳毛は他の部位に比べて毛が薄いため、少ない回数でも満足できる効果が得られる可能性もあります。とはいえ、対応できるエステも少ないため明確な回数や料金は直接問い合わせる必要があります。

・メリット

エステ脱毛のメリットは、クリニックと比較して痛みが少なく施術が受けられることと、最初にかかる施術費用の金額が低いことです。しかし、エステの施術は効果を持続させようとすると通い続けなければいけませんので、トータルで見ると費用が高くなってしまうこともあります。

・デメリット

施術を受けている間は毛が減っていきますが持続的な効果はなく、施術を受け続ける必要があります。結果的にクリニックで永久脱毛を受けるよりも高額になってしまう可能性もあります。

耳毛の脱毛を取り扱っているエステはごくわずかで、正式にメニューとして用意されているところはほぼありません。対応できないエステが多いので、あらかじめ問い合わせる等の手間が必要です。

メンズ脱毛専門クリニックの耳毛脱毛

クリニックでの脱毛は、高出力のレーザーを使って行います。毛根の細胞を破壊するので永久脱毛が可能です。エステと同じく1回の施術で脱毛は終わりませんが、続けて施術を受けることで確実に毛をなくすことができます。
また、エステと同様、耳毛の脱毛を取り扱っているクリニックはやや少ないです。

・効果(回数)と費用

クリニックでは、永久脱毛が可能です。通常3回ほど施術を受けると効果が出始め、6回の施術で薄い状態に落ち着きます。完全に毛をなくすには10~15回程度の施術になります。

しかし、耳毛は他の部位よりも毛が薄いため、通常よりも少ない回数で済む場合も多いです。
費用は1回の施術では5~8千円、6回で2~3万円が相場です。

・メリット

クリニックでの脱毛のメリットは永久脱毛が可能なことです。
また、クリニックは医療機関であるために安全面でも優れています。脱毛にはつきもののトラブルに対しても素早く適切な処置が可能で、薬を処方することができます。痛みに弱い方は、麻酔を使うこともできます。

・デメリット

クリニックのデメリットは、高出力の脱毛器を使うことによる照射の痛みです。耳は、毛の量は多くありませんが比較的デリケートな部分ですので、やや痛みが出やすいといえます。不安な方は、麻酔を使って痛みを軽減することも可能ですので医師に相談してみましょう。

メンズ脱毛の注意点!自分でする「耳毛」脱毛は慎重に!

なぜ「耳毛」が生えるのか

人の体は男女問わず、全身が毛で覆われています。外的な刺激から体を守るためで、耳毛は、耳の中にホコリやゴミ、虫といった異物や冷気が入るのを防ぐ役割があります。

普段意識していない部分でも、よく見るとごく薄い細い産毛が生えており、毛が生えていないのは唇と、手のひらや足の裏などごく限られた部分だけです。
耳も同様で、通常は細く薄い毛が生えています。

しかし、人によっては耳毛が濃く、正面から見てわかるほど耳毛が多い方もいらっしゃいます。特に男性で、年配の方によくみられると感じるのではないでしょうか。

年齢を重ねると、ホルモンバランスが乱れて毛の生え変わる周期が変わります。年を取るごとに毛は抜けるまでの期間が長くなり、本来なら抜け落ちていくはずの毛が残っているために耳毛などの体毛が濃くなっていくのです。

また、遺伝的な要因で体質的に耳毛が濃い方もいらっしゃいます。両親や親せきに耳毛の濃い方がいる場合、耳毛は濃くなる傾向にあります。

自分でする「耳毛」脱毛で注意したいリスク

耳の中には鼓膜があり、すぐ奥には三半規管といった重要な組織があります。そのため、自分で耳毛を処理するときには、細心の注意を払って行うようにしましょう。以下に、自分で耳毛脱毛をする際に注意したいリスクを具体的に挙げています。

・耳の中、粘膜を傷つけてしまう

上述の通り、耳の中には重要な組織があります。鏡を見ながら慎重に行っても、どうしても見えづらい部分があるため、耳の中や鼓膜などを傷つけてしまうリスクがあります。

また、耳の中が傷つき、炎症や細菌感染が起こると、ニキビのように腫れてしまい痛みも伴います。
自分で耳毛脱毛をしても、もちろん永久的な効果はありませんので定期的な処理が必要です。処理回数が増えるため、結果的に耳の中を傷つけてしまう可能性が増えます。

・クリームやワックスが耳の奥に入り込んでしまう

鼻毛の脱毛をするときにブラジリアンワックスを使う方は多いです。脱毛サロンでも用いられている方法で、男女問わず多くの方が通っています。
しかし、ブラジリアンワックスを耳の中で使うのは危険です。

鼻は、近くで口とつながっているため、万が一ワックスが奥に流れてしまっても体外に出すことは可能です。しかし、耳の中はそういうわけにはいきません。万が一ワックスやクリームが耳の奥に入り込んでしまったら、取り出すのは難しくなります。

耳の奥には鼓膜があり、ワックスやクリームが奥に入り込むと鼓膜に悪影響を及ぼしてしまう危険性もあります。
したがって自宅で耳毛を処理するときには、ワックスやクリームを使うのはおすすめできません。

・余分な耳毛まで処理して異物が入り込んでしまう

耳毛脱毛の注意点の項目の最初でもお伝えしましたが、耳毛にはホコリやゴミ、虫や冷気といった外的刺激から体を守る役割があります。耳毛が生えていると見た目には不人気ですが、体を守るという点で見ると耳毛はあったほうが良いと言えます。

しかしながら、やはり見た目に美しいということは非常に大事です。この時、自分で耳毛脱毛をすると起こりがちなのが、必要以上に毛を処理してしまうことです。

直接目で見ながら処理が難しい耳毛は、どのくらいの量残っていても目立たないか、不自然にならないかの判断ができません。

クリニックで脱毛するときには医療従事者が直接目で見ながら施術を行うため、現在の毛量を確認してもらうことができますが、自分で脱毛するときに過度に処理しすぎると、耳の中に異物や冷気が入るのを防ぐことができなくなってしまいます。

見えづらい「耳毛」脱毛はクリニックが安心

上記の理由を踏まえても、自分の目で見て処理することが難しい耳毛は、クリニックで脱毛するのが安心です。
クリニックでは医療レーザー脱毛を用いるため、ワックスやクリームが耳の奥へ流れて鼓膜等を傷つけてしまう心配はありません。医療従事者が直接目で見て施術を行いますので安全性は非常に高いと言えます。

また、医療レーザー脱毛は、施術してすぐに毛がなくなるのではなく、施術を重ねるごとに徐々に効果を発揮します。残しておくべき量で施術をストップすれば、異物や冷気が入るのを防ぐという耳毛の役割もきちんと残しておけるでしょう。

万が一、耳たぶや耳の中に炎症等トラブルが起こった場合も、脱毛クリニックは医療機関であるためにすぐに適切な処置を受けることができます。細菌感染が起こり、膿んだり、ニキビのようなできものができた際も、必要に応じて治療や薬の処方も可能です。

気になる「耳毛」を処理するおすすめのメンズ脱毛方法まとめ

自分で見ることができないので普段はあまり意識することは少ないかもしれませんが、ふとした時に見えてしまった耳毛で、周りの人からの印象が下がってしまう可能性もあります。

耳毛を処理する方法には、カッターや耳毛抜きで自分で処理する方法、エステ脱毛、クリニックでの医療レーザー脱毛がありますが、クリームやワックスを使っての処理は、安全面と難易度の点からおすすめできません。

カッターや耳毛抜きで処理すると、費用もかからず手軽ですが、時間と手間がかかってしまうことや、失敗すると怪我や炎症、化膿の危険性もあります。
エステは耳毛脱毛を取り扱っているところが非常に少なく、料金も不明瞭な部分があります。また、施術ができても、永久脱毛はできませんので通い続ける必要があります。

そこで、直接見て処理することのできない耳毛の処理は、クリニックでの脱毛がおすすめです。
万が一肌トラブル等が起こったときも治療や薬の処方が受けられ、安全面で非常に優れています。
また、照射の時の痛みが不安な方は麻酔を使うこともできますので、医師に相談してみてください。

自分では見えないけれど、人からは意外に見られている「耳毛」。周りからの印象を下げないために、是非、クリニックの耳毛脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。