メンズ脱毛は麻酔を使えば無痛で可能?!痛みが不安な方へ6つのアバイス

メンズ脱毛は麻酔を使えば無痛で可能?!痛みが不安な方へ6つのアバイス

「脱毛は痛い」というイメージを持っていらっしゃる方は多いです。そして、痛いのはイメージではなく、残念ながら事実です。
エステでのメンズ脱毛は低出力の光脱毛のため痛みは少なく、我慢できないほどではありませんが、その分効果も薄く、施術を受け続けなければ脱毛の効果を持続させることはできません。
クリニックでの医療レーザー脱毛はエステよりも高出力の脱毛器を使うため、1回の効果が大きく、永久脱毛が可能です。しかし、その分痛みも強く感じることがあります。

クリニックでの脱毛は、そういった痛みを抑えるために麻酔を使うことができます。
麻酔は、医療機関でしか使用できないので、エステの脱毛には使えません。医療機関だからこそ、大きな効果が得られる脱毛ができ、また、痛みを抑えての施術が可能なのです。
これから脱毛を受けるけど、痛みが不安だという方のために、医療レーザー脱毛の際の麻酔について詳しく解説します。

メンズ脱毛は麻酔を使えば無痛って本当?

痛みの感じ方は人それぞれです。個人の感覚や毛の濃さ、脱毛部分の敏感さによって感じる痛みは変わります。人によっては麻酔を使わなくてもほとんど痛みを感じない方もいれば、麻酔を使っても痛みを感じる方もいらっしゃいます。

メンズ脱毛で麻酔を使うことができるのは医療脱毛クリニックだけです。麻酔の使用は医療行為にあたるため、メンズエステや脱毛サロンでは麻酔を使うことはできません。

また、麻酔の効き方もその日の体調や体質によって個人差があります。したがって、麻酔を使えば必ずしも無痛になるとは限りません。

メンズ脱毛の麻酔とは?

麻酔は医療行為ですのでクリニックだけが扱うことのできるものです。それぞれのクリニックで取り扱いの有無はさまざまですが、メンズ脱毛に使われる麻酔は、笑気麻酔、麻酔クリーム、局部麻酔(麻酔注射)の3つです。比較的副作用の少ないものが使われています。

メンズ脱毛の痛みの強さ

脱毛をするときの痛みはよく「輪ゴムを極限まで伸ばしてはじいたときのような痛み」と表現されます。女性と比べて、男性は痛みに弱い傾向にあります。また、エステやクリニックで行われるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、毛の黒い部分に反応して照射する仕組みですので、毛が太く濃い男性は女性よりも反応がよく痛みが強くなります。

加えて、脱毛する部分でも感じる痛みの強さは変わります。腕や足などは比較的痛みを感じにくいですが、デリケートゾーンや髭等は皮膚が敏感なので特に痛みを感じやすいです。また髭は毛根が深いことも痛みを感じやすい理由です。
また、施術が進むと、毛は薄くなり量も減ります。そのため、最初の施術と比べるとどんどん痛みは少なくなっていきます。

メンズ脱毛の麻酔の効果

髭やデリケートゾーン等特に痛みを感じやすい部位には麻酔を利用する方が多いです。また、脇も比較的毛が太く濃い方が多く、皮膚が弱い敏感な部分でもありますので痛みを感じやすいです。

多くのクリニックは笑気麻酔と麻酔クリームを使っています。笑気麻酔は、鼻から吸入する麻酔で、お酒を飲んだ時のようなふわふわとした感覚になります。リラックス効果を高めることで痛みを軽減します。子どもにも使用できるほどに安全性が高く、麻酔の効果は吸入している間のみなので安心です。

麻酔クリームは皮膚に直接塗布するタイプの麻酔で、局部麻酔の一種です。塗布後30分ほど経つと皮膚の感覚が鈍くなり、痛みを減らします。ただし、効果があるのは皮膚表面のごく浅いところまでです。そのため、麻酔の効果があると言っても、他2つの方法と比べて痛みは感じやすいです。

局部麻酔(麻酔注射)を使っているところは少ないですが、注射によって直接麻酔を注入し、部分的に痛みを感じにくくします。注射の針を刺すときに痛みがあるのが難点です。
局部麻酔は脱毛する部位によって量が変動しますので、料金も変わります。脱毛では笑気麻酔か麻酔クリームを使うのが普通で、局部麻酔を利用する方は非常にまれです。

麻酔が使えるメンズ脱毛は医療機関(脱毛クリニック)だけ

麻酔は医療行為にあたります。医師や歯科医、麻酔医といった専門家しか取り扱うことができませんので、メンズ脱毛で麻酔が使えるのは医療機関である脱毛クリニックだけです。

エステは医療機関ではありません。医師や看護師等の医療従事者がおらず、施術を行うのはエステティシャンです。そのため、エステのメンズ脱毛では麻酔を使うことができないのです。

メンズ脱毛に麻酔を使うメリット

痛みを軽減させる

当然ですが、麻酔を使うことで脱毛の痛みをやわらげることができます。
さきほども述べましたが、男性は女性よりも痛みに弱い傾向があります。また、男性の毛は太く濃い上、量が多いです。そのため、施術の際、痛みが強くなりやすいのです。

痛みに耐えられず途中解約の可能性が減る

中には、施術中の痛みに耐えられなくなって脱毛を止める方もいらっしゃいます。
脱毛が完了すれば、気兼ねなくファッションを楽しむことができ、女性からの「不潔そう」「無精に見える」といったマイナスイメージを払拭することができます。自分に自信が持てるだけでなく、日頃の髭剃り等の手間からも解放されます。
施術の痛みに耐えられず、通うのが嫌になって契約解約してしまうと、上記のような脱毛のメリットが得られません。

コースの途中で解約する場合には残りの回数分は返金してもらえることがほとんどですが、解約手数料がかかることもあります。クリニックによっては解約手数料がないところもありますが、一度解約すると同じコースが契約できない規約になっていることもあります。

痛みが不安な方は、麻酔の利用を相談しましょう。途中解約は脱毛のメリットが得られないだけでなく、解約手数料等で費用が無駄になりかねません。「解約手数料を払うくらいなら麻酔を使っておけばよかった」ということのないようにしましょう。

メンズ脱毛に使われる麻酔の種類と安全性

笑気ガス麻酔

笑気ガス麻酔は、亜酸化窒素というガスを鼻から吸入するタイプの麻酔です。濃度の調節が可能で安全性は高いです。副作用の心配もほとんどありません。お酒に酔った時のようなふわふわとした感覚になり、リラックス効果を高めることで痛みをやわらげます。

お酒に弱い人の方が麻酔の効果が高いと言われています。また、呼吸器系の持病をお持ちの方は笑気ガス麻酔をすることはできません。

麻酔クリーム

麻酔クリームは局部麻酔の一種で、直接肌に塗布するタイプの麻酔です。塗布後30分ほど経つと皮膚の感覚が鈍くなり痛みをやわらげます。

体の中に入れないので非常に安全性は高いですが、皮膚の弱い方やアレルギー体質の方は赤みが出る等の症状がある場合もあります。皮膚が薄い部分ほど麻酔が効きやすくなります。赤みが出た場合は脱毛の施術をすることができません。
また、笑気ガス麻酔にプラスして痛みを軽減したいという場合に使われることも多いです。

局所麻酔

注射を使って直接注入するタイプの麻酔です。麻酔の効果は非常に高いですが、注射の針を刺すときに痛みがあります。直接注入するため麻酔薬の量が少なく済み、安全性が高いと言われています。ただし、副作用が出る可能性があるためアレルギーのある方は局部麻酔ができないこともあります。

局所麻酔は、部位によって必要な量が変わります。脱毛の場合、1部位の施術でも数本の注射が必要で、麻酔の量に応じて料金が決まります。脱毛の施術で局所麻酔が使われることはまれで、笑気ガス麻酔、麻酔クリームを使うのが普通です。

メンズ脱毛に麻酔を使用した場合の料金

麻酔は、施術料金とは別途費用が必要になるのが普通です。
笑気ガス麻酔、または麻酔クリームを使うのが一般的で、局部麻酔を使うのはごくまれです。料金は、どのクリニックでも大体3000円程度となります。

1回の施術ごとに料金を設定しているクリニックもあれば、笑気ガス麻酔なら時間ごと、麻酔クリームならグラム数で料金が決まっているところもあります。

笑気ガス麻酔は、時間ごとに区切られている場合は30分で3000円が目安です。30分あれば、どの部位でも大体施術は終わります。複数部位のセットで契約している方は、部位の数によっては30分では収まらない可能性もあります。
麻酔クリームは、5~10gで3000円が目安です。1チューブ単位で販売しているクリニックもあり、この場合は何回かの施術に分けて使用することができます。

局部麻酔は、ほとんど使われることはありませんが、極度に痛みに弱い方は利用する方もいらっしゃいます。料金は麻酔の量によって変動します。詳しくは、医師に相談して確認してください。局部麻酔は範囲が広い場合、麻酔代だけでかなり高額になる可能性があるため、注意が必要です。

メンズ脱毛の痛みが不安ならカウンセリング時に無料テスト照射を!

クリニックで脱毛を受けるときに痛みが不安な方は、テスト照射を受けてみましょう。
予約やカウンセリングの時に申し出ると受けられます。あらかじめ、どのくらいの痛みがあるのかを体験でき、我慢できる程度なのか麻酔が必要か判断するのに便利です。

テスト照射は、無料で受けられる場合も多いですが、クリニックによっては料金が発生することもありますので、前もってしっかりと調べておきましょう。料金がかかるといっても、ほとんどは500~1000円程度の低価格で受けられます。
麻酔を利用すると毎回の施術で3000円追加でかかってしまうため、痛みが不安で麻酔の利用を迷っている方は、とにかくまずテスト照射を受けてみるようにしましょう。

メンズ脱毛クリニックの麻酔まとめ

クリニックの脱毛は高出力のレーザーを使うため、エステと比べると痛みを感じやすくなります。加えて、男性は女性よりも痛みに弱い性質があり、さらに毛は太く、量も多いため痛みを感じやすいのです。
しかし、クリニックでは麻酔を使って痛みをやわらげることができます。麻酔を使えるのは医療機関だけで、エステでは麻酔を使うことはできません。

脱毛に使われる麻酔の種類は主に3種類で、鼻から吸入するタイプの笑気ガス麻酔、塗布するタイプの麻酔クリーム、注射で麻酔薬を注入する局部麻酔(麻酔注射)があります。

麻酔にかかる費用は施術料金とは別途必要で、笑気ガス麻酔、麻酔クリームは1回の施術でおよそ3000円が目安です。局部麻酔は脱毛する範囲によって量が変わりますので、詳しい金額は各クリニックに問い合わせてください。
脱毛の痛みは最初の数回が特に強く、施術を重ねるごとに少なくなっていきますので、徐々に麻酔を使わなくて済むようにもなります。

脱毛の痛みが不安な方は、ぜひ、カウンセリングの時にテスト照射を受けましょう。施術中にどのくらいの痛みがあるのか体験できるので、麻酔を使用するかどうかの判断に役立ちます。ワンコインで受けられる場合もありますし、クリニックによっては無料でテスト照射してもらえることもあります。

痛みが不安な方は医師と相談して、脱毛の方法を検討していきましょう。