保険適応外のメンズ脱毛、エステとクリニックではどちらを選ぶ?

保険適応外のメンズ脱毛、エステとクリニックではどちらを選ぶ?

脱毛は費用が非常に高額です。これは、脱毛には保険が適用できないためです。
脱毛をすることで日々のケアや髭剃りの手間が減り、精神的なコンプレックスからも解放されるなど良い面は多いですが、金銭面の負担も大きく、分割払いや医療ローンを利用しても生活を圧迫してしまうことも考えられます。
高額な費用を払うのですから、絶対に後悔のないようにしなくてはいけません。
とはいえ、どのエステやクリニックを見ても大きな違いはなく、どこを選ぶのがベストか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
この記事では、脱毛するならエステかクリニックか迷っている方のために、費用面を中心にそれぞれの特徴や違いを詳しくご紹介します。満足のいく脱毛をするために、是非ご一読ください。

メンズ脱毛は保険の適用外!だからクリニック・エステ選びが重要

メンズ脱毛は自由診療だから保険は使えない

メンズ脱毛は自由診療です。
自由診療とは厚生労働省が承認していない治療や薬を用いた保険の効かない治療のことをいいます。先進医療や美容整形、レーシック等が自由診療にあたり、治療費は全て自己負担になります。

通常のように病気や怪我をして治療、通院することになったときは、保険が適応されます。患者が負担する治療費は3割なので、生活を圧迫するほど高額になることはありません。

一方、脱毛をはじめ、美容目的の施術は保険が効かないので非常に高額になります。脱毛はエステ、クリニックで受けられますが、両者とも保険適応外で、場合によっては生活を圧迫するほど高額な費用が必要なケースもないとは言えません。

一気に費用が支払えない場合、エステやクリニックが提携しているクレジット会社の審査を通れば、医療ローン(美容ローン)を組むこともできます。先に施術を受け、返済する形で月々支払う仕組みです。

脱毛クリニックとエステの違い

根本的な違いは、医療機関かそうでないかです。この、医療機関か否かで、一見同じような施術を行っているようでも両者には大きな違いを生んでいます。

施術方法の違いは?

現在主流の方法は、クリニックでは医療レーザー脱毛、エステではフラッシュ脱毛です。使用する脱毛機器によって方法は違いますが、レーザーや光を脱毛したい部分を冷やしながら照射をしたり、ジェルを塗って照射します。

施術後はジェルをふき取ってもう一度患部を冷やし、炎症や赤みを抑えるという流れでほぼ同じです。

効果の違いは?

一見ほぼ同じに見える施術ですが、得られる効果が大きく違います。これは使用できる脱毛器に違いがあるからです。
医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛では、脱毛器の出力が違います。エステでは照射してもよい出力が法令で決まっており、身体に危険のない低出力の光しか照射できません。一方、脱毛クリニックでは高出力のレーザーを照射できます。

毛を成長させるのは毛乳頭という細胞で、毛穴の奥にあります。低出力の光では毛乳頭まで届かず、作用しません。そのため、施術ごとの効果は医療レーザー脱毛のほうが大きくなります。また、毛乳頭を破壊すると毛が生えてくることはなく、破壊した毛に関しては完全な永久脱毛が可能です。

低出力の光では永久脱毛はできず、毛の成長を遅くするくらいの効果にとどまります。毛乳頭は破壊されず残り、施術を受けなくなると元の通りに毛が生えてきます。

料金設定の違いは?

脱毛クリニックもエステも自由診療ですが、両者を比較すると1回ずつの料金は脱毛クリニックのほうが高くなるのが普通です。これは、高出力のレーザーを使うために施術ごとの効果が大きいためです。

完全な永久脱毛が可能で、施術が完了したあとに通い続ける必要はありません。施術は医師や看護師といった専門家が行い、必要に応じて麻酔を用いることもできます。

万が一のトラブルが起きた際も、診察や治療、薬の処方が可能であるといった、安全面への保証も料金が高くなる理由です。

保険適用外のメンズ脱毛…選ぶならエステとクリニックどっち?

エステのメンズ脱毛はいわゆる「減毛」で効果が一時的

エステでは低出力の脱毛器を使っています。毛乳頭まで光が届かず、完全に毛をなくすことはできません。エステの効果は、毛を細く薄く見せたり、生えるスピードを遅らせるのみです。したがって、厳密にいえば「脱毛」ではなく、「減毛」ということになります。

毛を細くしたり生えるスピードが遅くなるのは続けて施術を受けている期間のみです。エステに行かなくなると、毛乳頭は完全に再生して元の状態に戻り、施術前と同じように毛が生えてくるようになります。

クリニックの医療レーザー脱毛は永久脱毛

クリニックでは、高出力のレーザーを使うことができます。毛乳頭にも作用し破壊できるため、効果は半永久的に続きます。施術終了後はクリニックに通う必要がありません。

ある程度は毛を残しておきたい方も、回数を減らせば量の調節ができます。この場合も、希望の量に落ち着いた後は施術を受ける必要はなく、毛量が戻ることはありません。

クリニックは麻酔で痛みを抑えたり医師の処置・処方が可能

脱毛をするときには、赤みや炎症、細菌感染による毛嚢症などの肌トラブルはつきものです。もちろん、エステもクリニックもこういったトラブルが起こらないように配慮して施術を行いますが、症状が出てしまうこともあります。また、クリニックでは脱毛器の出力が高いため、エステよりも痛みが強くなることが多いです。

クリニックは医療機関であるため、こうしたトラブルが起こったときでも、医師による診察や処置が可能で、必要に応じて薬を処方してもらうことができます。また、麻酔を使うことができるので、痛みを抑えて施術を受けることができます。

長期的な効果やコンプレックス解消なら脱毛クリニック

エステは施術ごとの料金が安いため、脱毛を始めたいという方は手を出しやすいと感じるかもしれません。
しかし、ご説明してきたように、エステでの効果は一時的で、コースが終わっても定期的に通わなければいけません。希望通りの量になっても、施術を受けなくなるとまた毛が生え始めます。数年経つと施術前と同じ状態に戻り、「エステでの施術を後悔している」という方も少なくありません。

クリニックはエステと比べると高く感じますが、施術に終わりがあり、追加の費用もかかりません。
長期的にみると、クリニックのほうが安くなることもあり得ます。費用対効果はクリニックのほうが高いです。

脱毛クリニックなら安心?注意したいリスクとは?

予想外に高額な負担になる可能性もある

継続した施術が不要なため、長期的に見るとエステよりも費用を抑えられることもあるとお伝えしましたが、自由診療のためそもそもの施術料金はどちらもかなり高額になります。

1回ずつの料金がホームページに掲載されていることもありますが、1回の施術で脱毛が終わることはあり得ません。
個人の毛の濃さや部位によっても変わりますが、通常6回、完全に脱毛するには10~15回は施術が必要です。

高出力医療レーザーの痛みやトラブル

クリニックの利点は高出力のレーザーを使えることです。これにより、エステよりも少ない回数で大きな効果を得ることができます。しかし、高出力であることは良い面ばかりではなく、悪い面も存在します。

医療レーザーは、エステと比べて施術中の痛みが強くなります。また、赤みや炎症といったトラブルのリスクも高まります。
痛みは麻酔を使うことで軽減でき、赤みや炎症等のトラブルは迅速な治療や薬の処方で適切に処置できる環境ではあるものの、こういったリスクやトラブルの可能性があることもきちんと理解しておきましょう。

保険適用外となる脱毛費用の負担を考えた料金設定のクリニックもある

クリニックの脱毛に挑戦しづらい一番の理由は、保険適用外のため施術費用が高額になることです。しかし、多くのクリニックでは、より費用的な負担を少なくするための仕組みや制度を設けています。また、トラブルへの保証を行っているところもあります。

回数パックや各種コース

クリニックの脱毛は1回の施術では終わりません。施術を重ねることで徐々に効果があらわれてきます。
個人の毛の濃さ、部位にもよりますが、薄くしたいなら通常3~6回、毛をなくしたいなら通常10~15回施術が必要です。
多くのクリニックでは、施術を重ねることを見越して、数回の施術が受けられる回数パック、複数部位のセット等のコースが用意されています。

クリニック側は、患者が続けて施術を受けることが保証され、複数の部位の施術を同時に行えば効率が上がって時間短縮できるため、料金を安く設定できるのです。

定額コース

高額になってしまう脱毛料金を、生活に負担にならない少額の金額ずつ毎月定額で支払える「定額コース」を設けているクリニックもあります。

考え方は医療ローンと同じですが、独自に設けられている定額コースでは、クレジット会社の審査の必要はありません。医療ローンは月々の返済は数千円~数万円ですが、ある定額コースでは月々500円から支払えます。

無料保証や追加料金なし

クリニックでは通常、希望の毛量に落ち着いてコースが終了した後は施術費用が掛かることはありません。しかし、カウンセリングや初診料・再診料といった診察料がかかることがあります。

予約の手数料やキャンセル料、施術時に剃り残しがあったときには剃毛料がかかるクリニックもあります。
こういった追加料金は、それぞれの金額は多くはありませんが、重なると大きな負担になります。こうした負担を軽減するために、当院のようにこれらの追加料金が一切かからないように「無料保証制度、追加料金なし」というサービスを行っているところもあります。万が一のトラブルが起こった際の治療費や薬代もかかりません。

患者の希望で麻酔を使うときのみ費用がかかりますが、それ以外の追加料金がなく、コース契約時の金額のみで脱毛をすることができます。あらかじめ必要な費用の金額がわかると収支の計画も立てやすく、金銭的・精神的な負担も少なくなります。

保険適用外のメンズ脱毛は脱毛クリニック選びが重要!

保険適用外となるメンズ脱毛は、エステやクリニックを選ぶ際には特に注意しておきたいです。ホームページ等に記載されている金額だけで判断せず、効果や安全面も考慮して費用対効果の高い施術を受けることで、満足いく脱毛ができるでしょう。

エステは、一見すると費用を安く抑えられるように感じますが、脱毛器の出力が低いため永久的な効果を得ることができません。コース終了後も施術を受け続けなければ、毛はまた元通り生えて、今までの施術が無駄になってしまいます。少ない痛みで施術を受けられるという利点がありますが、万が一のトラブルが起きたときに処置や処方ができないというマイナス面も存在します。

一方クリニックは、費用だけを見ると非常に高額で手を出しづらいと感じるかもしれません。しかし、脱毛器の出力が高く、毛乳頭が破壊できるため効果は永久的に続きます。コース終了後にクリニックに通う必要もありません。追加の施術費用が不要なため、長期的にみると費用対効果が高いといます。また医療機関であるためトラブルへの対処も早く適切に行うことができます。

クリニックの多くは、高額な費用がかかることへの負担を減らせるように、さまざまな制度や保証を設けています。
1回の施術では終わらない脱毛を複数回のパックにすることで割引したり、クリニック独自に医療ローンのような分割払いが可能な制度を作っているところもあります。

また脱毛にはつきものの肌トラブルや炎症や火傷が起こってしまった際、治療や薬の処方を無料で行うといった保証制度があるクリニックもあります。

こういったサービスはクリニックによって異なるため、詳しくはカウンセリングで説明を受けてみることをおすすめします。
費用や効果、クリニックごとのサービスや保証等、さまざまな要素をきちんと理解し比較することで、理想通りの満足できる脱毛が実現できるでしょう。