北條院長が自ら体験。医療脱毛痛かった部位ランキング発表!

北條院長が自ら体験。医療脱毛痛かった部位ランキング発表!

医療脱毛は「痛い」ということはよく耳にすると思います。
しかしながら、人によって医療脱毛を受けた部位も違えば、施術を行なった脱毛機器も違う可能性があり、実際どのくらい痛いのかというのは自分が受けてみないと分からないものです。
そこで今回は、全ての部位の脱毛(レーザー脱毛)を自ら経験しているマンチェスタークリニック院長の北條先生の経験を元に、「医療脱毛痛かった部位ランキング」をまとめてみました。
北條院長が感じたものになりますので一概に全ての人に当てはまるわけではありませんが、全ての部位のレーザー脱毛を経験しているからこその情報になりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

医療脱毛痛かった部位:第3位 VIO

痛かった部位ランキング3位には「VIOの脱毛」がランクインいたしました。

VIO脱毛で使用した機器

ジェントルレーズPRO

VIO脱毛の痛みの種類

極細の針でチクチクと刺されいるような痛み

VIO脱毛が痛い理由

VIO脱毛が痛い理由としては、色素沈着をしている人が多いということがあるようです。
また非常にセンシティブな部位ということもあり、普段はあまり経験しないような種類の痛みがあるそうです。
麻酔(正気麻酔)を使用することである程度痛みの感じ方は収まったとのことなので、VIOの脱毛を考えている方は麻酔の検討もしておくと良いかもしれません。

☆VIO脱毛時の動画☆

医療脱毛痛かった部位:第2位 ふくらはぎ

痛かった部位ランキング2位には「ふくらはぎの脱毛」がランクインいたしました。

ふくらはぎの脱毛で使用した機器

メディオスターNEXT PRO

ふくらはぎの脱毛の痛みの種類

皮膚の表面が熱く焼けるような痛み

ふくらはぎの脱毛が痛い理由

ふくらはぎの脱毛が痛かった理由としては、脱毛範囲が広いことで施術時間も比較的長くなるということと、毛の量が多かったためにレーザーの反応がよかったということがあるようです。
人によってはあまり痛くないと感じる方もいるようですが、北條院長の場合は非常に痛く感じたようです。
やはり痛みの感じ方の個人差は大きいですね。

☆ふくらはぎ脱毛時の動画☆

医療脱毛痛かった部位:第1位 脇の下

痛かった部位ランキング1位には意外にも「脇の下の脱毛」がランクインいたしました。

脇の下の脱毛で使用した機器

メディオスターNEXT PRO

脇の下の脱毛の痛みの種類

皮膚の表面が熱く焼けるような痛み

脇の下の脱毛が痛い理由

北條院長が一番痛いと感じた部位は脇の下だそうです。
脇の下の脱毛が痛く感じる理由としては、毛の量が多いことと共に他の部位と比べても比較的毛が太く、よりレーザーの反応が良いといことがあります。
照射部位はそこまで広くないために施術時間は短いですが、痛みに備えて麻酔も検討しておいた方がよさそうですね。

☆脇の下脱毛時の動画☆

医療脱毛での痛みは個人差がある

以上が北條院長の経験を基にした医療脱毛痛かった部位ランキングでした。
当然ながら医療脱毛(レーザー脱毛)で感じる痛みはその人の毛の濃さや太さなど様々な要素によって異なり、個人差が大きいです。
北條院長ご自身も「どちらかというと痛みに弱い方タイプなのかも」とおっしゃっていましたが、部位によっては痛いと感じる方もいれば全然大丈夫だったいう感想の方もいます。
北條院長の脱毛動画などを参考にして、自分の毛の濃さや太さを比べた時にどのくらいの痛みがありそうだな、というのは想像しておくとよいかもしれません。

医療脱毛ならではの適切な麻酔で対応

痛みは誰しもができれば感じたく無いものですが、医療脱毛においては医療機関だからこその麻酔を使用することで、感じる痛みを最小限に抑えることができます。
これは医療脱毛の大きなメリットと言えますね。
自分が感じている痛みを正直に伝えることで、適切な麻酔選択して施術を受けることが可能となります。