医療脱毛クリニック院長が解説!医療脱毛とエステ脱毛の違いとは?

医療脱毛とエステ脱毛の違い

近頃ではCMや電車の車内広告など、様々な場面で「脱毛」というキーワードを目にするようになりました。
みなさんは一言で「脱毛」といっても色々な方法があるのをご存知でしょうか?
例に挙げるとすれば、最近よく耳にするブラジリアンワックスや光脱毛、ニードル脱毛やレーザー脱毛などがあります。
それらの脱毛の種類も大きく分類すると「エステ脱毛」と「医療脱毛」に分かれます。
今回は「エステ脱毛」と「医療脱毛」の違いについてご紹介したいと思います。

エステ脱毛ってどんな脱毛?

多くのエステサロンではワックスやクリームなどの除毛剤を用いた方法や、光照射を用いた方法で脱毛を行なっています。
ワックスやクリームなどの除毛剤を用いた方法では、物理的に毛を引き抜くので一時的に体毛は除去されツルツルな状態になります。
しかしながら、この方法だと毛根などの発毛に係わる器官は正常に機能しているままですので、時間の経過と共に再び毛が生えてきます。
これらの方法は「除毛」という体から毛を取り除く行為である為、毛が生えなくなるということは無いんですね。

それに比べて、光照射による脱毛は発毛に関わる器官に光によるダメージを与えることで脱毛効果を得ます。
照射出力には大きな制限があり、一回の照射で発毛に係わる器官に与える影響は大きくありませんが、何度も照射を行うことで毛が生えにくくなってきます。
ワックスやクリームでの脱毛とは違い、毛が生える根本にアプローチする方法と言えますね。

これらの脱毛方法は、技術や機器の使い方さえ覚えれば誰でも施術ができる為、取り扱う施設数も多く施術1回の費用も安く設定されています。
「とりあえず毛を無くしたい」という方や、「安く脱毛を始めたい」という方はエステ脱毛を選択すると良いかもしれませんね。

医療脱毛ってどんな脱毛?

エステ脱毛と比べ、医療脱毛と呼ばれる脱毛は、その名の通り医療機関で行われる脱毛です。
その為エステ脱毛では扱えない高出力の医療用レーザーや細い電極(針)を取り扱うことができます。

それらの機器を使い、毛根などの発毛に係わる器官に高い確率で大きなダメージを与えることができ、結果として大きな根本的脱毛効果が得られるというのが最大のメリットといえるでしょう。
施術中はもちろんのこと、施術後の影響についても医療従事者である医師・看護師が対応してくれるという点にも安心感ありますね。

昨今では医療レーザー機器が大きく進歩し、皮膚への負担も軽く1回の施術時間も短時間で終わるようになりました。
しかしながら、医療脱毛は施設の基準等も厳しく、施設数もかなり限られているためエステ脱毛に比べると高額に設定されています。
それでも高い脱毛効果を求めるのであれば「医療脱毛」といったところでしょうか。

男性が脱毛するなら医療脱毛が適している

男性が脱毛を行う場合は女性と比べると大きく異なる点があります。
それは毛の「太さ」と「濃さ」です。
当然男性が脱毛する場合でもエステ脱毛と医療脱毛の選択肢があるわけですが、「永久脱毛」を目指すのであれば医療脱毛がおすすめでしょう。

理由としては2つあります。
まず一つ目は、毛が「太い」ことにより、黒色に反応するレーザー脱毛のレーザーがしっかりと毛根へダメージを与えることができ、より効果的に脱毛ができることです。

そして二つ目は、女性に比べて男性は毛が濃い傾向にあるため、エステ脱毛ではたとえ光脱毛であっても相当な回数の施術を行わなければならず、比較的安価なエステ脱毛でもトータルの回数で計算すると料金がかさむ可能性があるということです。
あまりに料金がかさんでしまうと、「安価でできる」というエステ脱毛のメリットも薄れてしまいます。
何回も通うくらいであれば、男性の毛の「太さ」を生かして医療脱毛を行なった方が結果的に効果も時間も効率的といえるかもしれません。

「エステ脱毛」と「医療脱毛」の違いについてご理解いただけましたでしょうか?
ニーズに合わせてご自身に合った脱毛方法を選んでくださいね♫