除毛?脱毛?永久脱毛?知っておくべき脱毛の基礎知識

一言で「脱毛」といっても、ワックス脱毛や光脱毛、レーザー脱毛など色々な種類があり、どの脱毛方法を選ぶべきか分からないという方も多いのでは無いでしょうか。
脱毛方法を選択する上で、まずは自分が求める「脱毛」とは何なのかを明確にする必要があるというのをみなさんはご存知ですか?
自分が求めている脱毛は「除毛」なのか、「永久脱毛」なのかで脱毛方法の選択肢はおおよそ決まるといっても過言ではありません。
今回はそんな脱毛の知っておくべき基礎知識でもある「除毛」と「脱毛」の違いについてご紹介します。

除毛が意味するものとは?

「除毛」とは、日々男性が行う剃刀やシェーバーで剃ること(剃毛)や、クリームなどの除毛剤を使用して肌の表面に出ている体毛を取り除く(切離・溶解)ことを意味します。
つまり、体の表面からは体毛が取り除かれているが、皮膚の中には体毛の一部が残っている状態ということです。
みなさんが日々手入れをしているように、簡単に行えることから脱毛サロンなどで行う施術においても1回の費用も抑えられることがメリットです。
ですが、除毛はあくまでも表面的に毛を取り除いているだけであるため、効果が短期間なのはもちろん、繰り返し行えばその都度皮膚に負担を強いることになります。

脱毛が意味するものとは?

除毛に対して「脱毛」とは、体毛を毛根から取り除くことです。
ブラジリアンワックスなどは最近もよく耳にしますが、毛抜き・ワックス等を用いて体毛を物理的に引き抜く方法や、クリニックやエステサロンで行われる、レーザー(赤外線)や光を照射する方法などがあります。
細い電極を毛根に直接刺入し直流もしくは高周波の電流を流す方法で、毛根及び周辺の発毛に関する器官を機能不全な状態に陥らせることです。
どの方法を行うにしても疼痛を伴う行為が多く、費用も時間もかかる可能性があります。
また、光脱毛やレーザー脱毛等、専門施設や医療施設でないと行えない行為もあります。
しかし、除毛に比べて頻度が少ないため皮膚への負担が抑えられることや、効果の持続が長期間見込めることが大きな利点いえます。

永久脱毛ってどうゆうこと?

一定の脱毛行為の後、再び毛が生える本数が長期間において減少すること、つまり脱毛行為によって毛が生えないとうという状態が長期間に渡って維持されることを「永久脱毛」といいます。
はっきりとした期間についての現在のところは明言されておりませんが、永久脱毛された部位の毛の処理をする頻度や時間がほぼ無いという状態になります。
一般的に発毛部位における毛周期を超えても発毛が認められない場合、「永久脱毛」と言えると考えられます。
脱毛行為の中で永久脱毛と呼ぶことを許されているのは、医療レーザーを用いるレーザー脱毛や電極を用いる針脱毛といった毛根及びその周辺の発毛に関する器官を機能不全にする方法に限られています。
どちらもに医療行為に当たるため、医師・看護師のいる医療機関でないと行うことができません。

まずは自分が求める脱毛の度合いを明確にしよう

ご紹介してきたように、自分が求めている脱毛が「除毛」なのか「永久脱毛」なのかで脱毛方法はある程度定まってきます。
それぞれの脱毛方法で、脱毛にかかる期間や金額も大きく異なります。
まずは自分の目的や理想とする状態を明確にし、それにあった脱毛方法を選ぶというのが最初のステップとなります。
ぜひ参考にしてみてください。